YUITOBLOG

YUITOBLOG

心揺れる人・本・映画・景色の出逢いを綴ります!

Enjoy Life

もっと人生を楽しく!そして、豊かにするために。

無価値を価値にする「思考の整理術」

どうも、YUITOです!

 

どうしてもブログを書く時間が遅くなります。

ここ数日は更新できなかった。反省。

 

「ブログ見ているよ!」

「いつ更新してるの?

 ブログ楽しみにしてます。」

「毎日更新しなくなりましたね」

 

 

ブログを見て下さっている方々がいるんだ!

と、正直驚きました…

 

 

ブログを通じて何を発信するのか

全然決めていないんですけど

「生きている証」を

残していきたいなと思っています。

 

 

最近は、読書の時間や

映画鑑賞の時間が取れていません…

ブログを書く時間すら取れていない。

 

 

つまり、自分の「整理」ができていない。

これは生きていく上でとても致命的なことです。

 

 

自分の考えがその場限りになってしまって

結局、明日になれば覚えていない。。。

 

 

「体験」は、

その場に居合わせさえすれば

誰にだってできるけれど、

その体験を通じて得た「経験」は、

誰にだって得られるわけではない

 

 

体験を経験にするためには、

が必要なんじゃないのかぁ~。

 

 

心が揺さぶられる強烈なインパクトがないと

3日前に食べた夕食が思い出せないように、

人間あんまり覚えていないもんです。

 

 

エビングハウス忘却曲線というものを

皆さんはご存知かと思うんですけど、

要するに、人間は1日経てばその日に覚えた

74%の知識を忘れてしまうのだそう。

f:id:y-camellia29:20180601004821g:plain

 

逆にいうと、人間の脳は、忘れるようにできている

(脳というのは個人的にもとても興味があって、

 面白かった脳科学映画はこんな感じ↓)

yuitotsubakino.hatenablog.com

 

価値になる!と思った折角のアイデアも、

あそこの店、また行こう!と決めたレストランも

思い出すのに一苦労する。。。

 

 

今、こうしてブログを書きながら

「なんで3日間もブログを書けなかったんだろう」と思うと

3日間で書けなかった理由があるはずだけど思い出せない。。。

 

 

強烈なインパクトがない3日間を過ごしていたのか…(笑)

 

 

兎にも角にも、

1日経てば74%のことを忘れてしまうからこそ、

その大切な人生の1日の中で「これだ!」と

心躍る感動や、喜び、悲しみがあった場合は

何かしらの形で残した方が良いと思います。

僕の場合は、それをブログにしています。

 

 

これがさっき格好良く言った

「生きた証」というもので、

ブログという小さなことが、

何かの、誰かの価値になればいいなと思っています 

 小さいことを積み重ねるのが、

とんでもないところへ行くただ1つの道だと思っています。

イチロー

 

 

因みに、

昔に読んだ「思考の整理学(著:外山滋比古)」では、

忘れないようにするためには、

以下のことが良いと書いていました。 

 

 

書き綴ること

何か思いついたら、その場で、すぐ書き留めておく。そのときさほどではないと思われることでも、あとあと、どんなにすばらしくなるか知れない。書いておかなかったばかりにせっかくの妙案が永久に闇に葬られてしまうことになっては残念である。そして、考えは机に向かっているときに現れるとはきまっていない。
「思考の整理学」p.98

 

「忘れるならメモを取れ!」と

バイト先の先輩に怒られたことを思い出す。

理不尽な怒られ方には納得いかなかったけど、

どうやらメモは大切だったらしいです(笑)

 

僕の場合、毎朝こんな感じで必ず

汚い字で思考を整理するようにしています。

f:id:y-camellia29:20180601013844j:plain

f:id:y-camellia29:20180601013908j:plain

 

 

寝かせること

どうして「一晩寝て」からいい考えが浮ぶのか、よくわからない。ただ、どうやら、問題から答が出るまでには時間がかかるということらしい。
その間、ずっと考え続けていてはかえってよろしくない。しばらくそっとしておく。すると、考えが凝固する。それには夜寝ている時間がいいのであろう。
「思考の整理学」p.38

 

先ずは、寝かせるネタがないと意味がないので、

書き綴ることでネタを増やしていく。

そして、寝かせて、発酵させる。

その時は答えが見つからなくても、

数日経つと解決できることもある。

僕はこれを「迷った時の一旦保留」とか

「考えを泳がせる」と言っています。

 

 

まとめ

日々の生活の中で、

目の前のことに意味があるのかはわからないし、

未来に有益である選択だけをし続けることはできない。

でも、書き綴ったり、忘れないようにするための

環境づくりをしていくことで、あとで振り返ったときに

意味を成しているということは考えられそう。

 

 

1日という日々の体験を、経験たらしめるために、

様々な手段を使って整理していこう!

 

 

おわり

 

前回の記事↓

yuitotsubakino.hatenablog.com