YUITOBLOG

YUITOBLOG

奈良シニア大学 事務局長が綴る、本と映画と感性と。

Enjoy Life

もっと人生を楽しく!そして、豊かにするためのブログ

【映画】フリーダムライターズ名言6選!人種・国籍を超えた人間として大切なもの

大学生の時、英語の授業でリスニングも兼ねて見たことがきっかけで見たこの映画。英語の授業を受けるというよりも、この映画を見ることが楽しみで通っていた記憶があります。この映画に出てくる生徒が抱える貧困問題・家庭問題・人種間抗争という問題を「知る」ということが本当に大切なことだと思い、フリーダム・ライターズの名言を紹介しつつ、この映画の魅力を伝えたいと思います。

YUITOBLOG

フリーダムライターズとは

 あらすじ

フリーダム・ライターズ』は、2007年にアメリカで公開された、実話を基にした映画です。1994年のロサンゼルス、ロングビーチにあるウィルソン高校。その高校は、ロサンゼルスでも特に様々な人種が集まる、縄張り意識の強い地域にありました。そこで加熱する人種争いの中、未来に夢を持てず荒れた生活を送る生徒たち。そんな生徒たちを見限る学校側に、ヒラリー・スワンク演じる一人の新任教師エリン・グルーウェルが赴任してきます。この映画は、そのウィルソン高校に実在した高校教師エリン・グルーウェルと生徒との交流を、1999年に発表した”The Freedom Writers Diary”を原作に映画化した、感動の実話です。

主人公の新米女教師エリンが、落ちこぼれ学生たちを更生させる物語です。
人種間闘争が激しさを増した「ロス暴動」の2年後1994年のロサンゼルス。

生徒ひとりひとりが抱える問題は、家庭環境や社会背景と密接に関わっており、どこかの国の学級崩壊とはまた違った根深さがあります。差別や誤解が、次々と争いを生む。街にはギャングがはびこり、銃声を聞くのも日常茶飯事。一歩学校の外に出ると、「死ぬか生きるか」の修羅場が待ち受けている彼らにとって、勉強をすることなど、どうでもいいこと。というよりも、そもそも高校を卒業できるとは、誰も思ってないんです。でも、新米女教師エリンは、彼らの言葉に耳を傾けます。そうすると少しずつ彼らが心を開いていく。そして、あらゆる人種(白人、黒人、アジア人、メキシカン、アラブ人)が入り乱れるクラス内に徐々に仲間意識が芽生え始めます。

ある日、エリンと生徒たちは、同世代が書いた「アンネの日記」に感銘を受け、アンネをかくまっていた老女ミープ・ヒースを学校に招こうと思いつきます。そして、マスコミを巻き込んで目標を実現させました。

そんなストーリーに基づく実話の映画です!

見て心を揺さぶられない人はいないと思いますが、改めて、フリーダムライターズの中の名言を6個紹介したいと思います。

名言6選!

私はヒーローじゃない。やるべきことをやっただけよ。正しいことだから。それだけ。私たちはみんな普通の人間よ。でも、会社の秘書でも、家庭の主婦でも、10代の若者でも、それなりのささやかな力で、希望の光をともせるの。暗い世界にね。 

言い訳なんていらない。あなたたちが問題を抱えてるのは知っている。人生に課題はつきものよ。だから、泣き言をいう暇があるなら行動しなさい。あなたたちが私の目を見てこれが自分にできる全てだって言える時がくるまで私はあなたたちを落第なんてさせない。あたなたちに勉強させるためなら、毎晩だって家に行くわ。あなたたちは素晴らしいのよ。私の言うことが分かる?私にはあなたたちが素晴らしいってことが分かるの。落第生なんかじゃないわ。

誰にでも物語があるわ。それを語るのは大事。自分にもね。これから毎日、この日記帳に文章をつづるの。過去のことでも、今でも未来でも構わない。もちろん日記を書いてもいいし、歌詞とか詩、楽しいことや、悲しいことでもいい。ただし毎日書くように。何か思いついたらすぐに書くの。採点の対象じゃない。日記にAやBを付けられないわ。私も勝手には読みません。書いたかどうか調べる時もさっと見るだけにします。読んで欲しいときは この戸棚に日記帳を入れて。授業中はカギをかけないでおく。読んで欲しい人はここへ。

皆で乾杯して欲しいの。変化のために皆で乾杯するのよ。その変化とは、「君たちにはムリだ」という声が、永遠に消えてなくなるという変化。「社会は変わらない」とする理屈が消滅する変化。「今までのあなたたちが変わる」という変化も・・・。さ、新しい自分になるのよ。 

ロングビーチで問題になるのは、肌の色。肌が浅黒いか、黄色か、黒か。一歩外に出れば戦場。縄張りや人種、誇りのために殺し合っている。それって、ラティーノ(ラテン人)も東洋人も、黒人も皆いなくなれば、全て上手くいくの?

変化に乾杯

ストーリー

学校なんてどうでも良い

ロス暴動から間もない1994年、ロサンゼルスの郊外ロングビーチにあるウィルソン高校は、登下校も命がけで行うほど、肌の色による人種が激しく対立し、治安が悪化していました。貧困による憎悪と犯罪が繰り返されるこの地域では、学生たちも卒業まで生きていられれば、それで十分と思うほど。荒れ果てた教室では授業もままならず、教師たちまでも彼らを見捨てていたのです。

そんな学校に赴任した1人の女性教師

そんなウィルソン高校の203教室に、新任教師エレン・グルーウェル(ヒラリー・スワンク)が赴任してきます。エレンは、情熱と強い意志の持ち主で弁護士になる道を捨て、法廷より教室で子供たちを救いたいと教師になりました。希望に胸を膨らまし登校するのですが、支配階級である白人の女性教師は、生徒たちにとって別世界の住人でしかありません。ラップの音楽を授業に取り入れてみたり、子供たちの心を開かせる為に努力し続けるのですが、生徒たちを統率することは一向に出来ず、教室では騒ぎだす生徒たちの争いが繰り返されるのでした。

差別・紛争から教育の大切さを痛感する

ある日の教室、ラティーノ(ラテン系のアメリカ人)の生徒が黒人を馬鹿にした絵を描いたことをきっかけに、エリンと生徒たちのすさまじい口論がはじまります。生徒たちは、世の中の白人至上主義と教師への反発を、エリンに一斉に浴びせるのです。エリンは激しく反論し、第二次大戦のホロコーストナチス・ドイツユダヤ人などに対して行った大量虐殺)がこうした差別から生まれたことを話し聞かせようとします。ところが、子供達はホロコーストアンネの日記のことも何も知らないのです。生徒たちの置かれる実生活を改めて知ったエリンはショックを受け、教育の大切さを痛感します。そして、せめて教材として、アンネの日記の本を生徒たちに読ませたいと思うのですが、教科主任や他の教師たちから予算の無駄だと拒絶されてしまいます。エリン以外の教師たちは、抗争に明け暮れる生徒たちには、知的興味などあるわけがないと思っているのです。

知ることで争いを無くすことができる

次の授業でエリンは自費で購入した日記帳をクラス全員に配ります。お互いを知ろうともせず、憎しみ合う生徒たちに、何でもいいから本当の気持ちを書いてみることを提案するのです。そして、自分に読んで欲しい時にはロッカーに入れるように話します。はじめは躊躇していた生徒たちも、徐々に日記に本音を綴るようになっていきます。驚いたことに、殆どの生徒が日記帳をロッカーに入れるようになり、彼らの生々しい言葉の数々と、出口のない悲惨な生活を実感したエリンは、教師とアルバイトを掛け持ちしてでも、彼らに本を買い与えようと決心するのです。

生徒の未来のために自費で行う課外活動

教師をしながら、デパートでのパートや週末のホテルで働きはじめるエリン。数週間後、そのアルバイトで貯めたお金で、エリンは生徒たちに、人種差別の象徴的な出来事を教えるため「ホロコースト博物館」と連れて行きます。その後も、自分のアルバイト先であるホテルに、ホロコーストの生存者を招き、生徒たちと対面させるなど、課外授業を自費で行うのでした。

仲間意識が芽生える変化

生徒達はホロコーストで人種問題を知り、生存者に体面する感動の日を過ごしたことで、エリンに心を開きはじめました。そして、はじめて感謝の気持ちを日記に綴るようになるのです。やがて荒れ果てていたウィルソン高校の203教室は、人種の壁を越え仲間意識が芽生えるように変わっていきました。エリンは、生徒達の素晴らしい「変化」に感激して喜びました。

生徒のために全てを捧げるエリン

エリンの高まる熱意に反して、夫スコットの心は彼女から離れ、学科主任や教師たちからの反感も増徴していきます。学校側との対立が深まり、夫も出ていき、エリンは孤立してしまいます。それでも彼女の意志は強く、生徒たちに、アンネの日記の感想文を書く代わりに、アンネ・フランク一家を匿った、ミープ・ヒースに手紙を書くことを提案します。生徒たちはエリンの提案をさらに発展させ、高齢でありながら存命の、ミープ・ヒースをアメリカに招待することを考え募金を始めます。「変化」の名の下に始まった募金活動は、新聞などメディアにも取り上げられるようになり、ミープ・ヒースが、ついにウィルソン高校へ訪れることになりました。

 

 

フリーダムライターズを見て、当時大学生だった僕は何か心揺れるものを感じました。特に「毎日が死と隣り合わせだから学校なんてどうでも良い」と感じる事実に驚きました。日本だったらそんなことは無いでしょう。でも、実際に僕にもこんな出来事がありました。

僕はオーストリアシドニー)でサッカーを指導していた頃の話です。

youtu.be

シドニーはニューヨークの次に世界のサラダボウルと言われるほど様々な人種・民族・宗教・国籍が混じっているマルチカルチュラルな都市です。僕が指導していたサッカーチームにも勿論様々な国籍、肌の色の子供たちがいました。「サッカーはチームスポーツだから皆で協力して勝利を目指すもの」と考えていましたが、子供たちが「あいつにはパスを出さない」と言うんです。なぜか。「彼の国は〇〇だから。」そう、歴史的に見て彼とチームメイトは昔戦争で殺しあった因縁の国の出身だったんです。

そんな理由から大喧嘩になり、親が出てくる始末。最も最悪だったのは、親同士の喧嘩で銃が出てきたことです。もちろん、警察沙汰になりました。

毎日が死と隣り合わせだから学校なんてどうでも良い」というのは、シドニーで経験したサッカーなんてどうでも良い」という感覚に似ているのかもしれません。「そんなことより、もっと大切なことを知ってもらわないといけない。」それが、僕の中で大きな衝撃になり、サッカーよりも大切なことがあるとうことをサッカーを通じて指導するモチベーションにもなっていました。

【15年のサッカー人生】椿野唯仁「サッカー史」まとめ - YUITOBLOG

www.yuitotsubakino.jp

ある意味、平和ボケ・思考停止人間を生み出しやすい恵まれた国、日本。危機感や緊張感のある環境を経験(遺伝子にスイッチが入る経験)すること。まずは、そういう世界があることを「知ること」が大切なのかもしれません。

フリーダム・ライターズ。必見です!! 

映画好きのあなたへ

人工知能脳科学オススメ映画6選

www.yuitotsubakino.jp

グッドウィルハンティング名言4選

www.yuitotsubakino.jp

戦争から大切なことを感じるアメリカンスナイパー

www.yuitotsubakino.jp

はてなブックマークはてなスター募集中!!

是非、面白いなと思ったら、はてなブックマークはてなスターをクリックして下さい! 押して下さったユーザーにはもれなく、ブログ訪問を実現します。

読者・コメント募集中!!

ブログを読んでいただいた感想をコメントください。

ブログを通じて皆さんと出会い、繋がり、新しい学びが生まれたら嬉しいです。

よろしくお願いします!

前回の記事はこちらから

奈良シニア大学平成30年度終業式を行いました! - YUITOBLOG

www.yuitotsubakino.jp