YUITOBLOG

YUITOBLOG

奈良シニア大学 事務局長が綴る、本と映画と感性と。

Enjoy Life

夢に向かって突き進め!椿野唯仁の公式ブログ

ビジコン奈良2019ファイナル結果まとめ

ビジコン奈良2019ファイナル

ビジコン奈良2019ファイナルに行ってきました。ビジコン奈良2019のファイナリストはこちら!まずは、IoT部門から。

  • 機械学習とARデバイスを用いた農業技術継承サービス「Smart Picking」:吉田祐也さん
  • 電解オゾン水のスプレー装置とBluetoothServer内臓装置の展開:城井昌也さん
  • ドローンポール〜ドローンが安全、正確に離発着するための発着装置〜:松井奈々さん
  • 人手不足解消のための自動車整備工場向けヒト協働型ロボット三人力の事業化:安井池和仁さん

お次に、奈良創生部門から。

  • 廃校の木造校舎を活用したワーケーション事業:平岡仁志さん
  • 奈良の体験型宿泊施設「とようけのもり」世界と奈良・人・文化を繋ぐ:野田知江さん
  • レイズドベットによる生産場の拡大:吉本雄大さん
  • 地域の自然素材100%、お肌に優しい「お風呂のハーブ」:松本梓さん
  • 史上初の純奈良県産ワインの製造:木谷一登さん
  • 奈良とインドをつなぐ刺繍ブランドの地域資源活用事業:伊達文香さん

f:id:y-camellia29:20190119234734j:plain

ビジコン奈良2018ファイナリストとして登壇

前回のビジコン奈良2018ファイナルに、弊社の奈良シニア大学が残りました。結果は、知事賞は取れず南都銀行。それから1年間、雪辱を果たすべく活動してきました。今回はこの1年間の活動の報告をさせていただきました。(登壇者は代表の矢澤です)

f:id:y-camellia29:20190120000813j:plain

f:id:y-camellia29:20190120000911j:plain

前回のビジコンを簡単にまとめたのがこちら↓(池上彰さんの本がビジコン2018の出場キッカケだったんです。笑)

【書評】おとなの教養(池上彰)を読んでみた! - YUITOBLOG

簡単に報告をすると以下の通り!

  1. サポートショップの充実
  2. 帝塚山大学とのイベント開催
  3. 民間企業との商品開発
  4. 近畿大学とのイベント開催
  5. 文化祭開催とメディア露出

サポートショップの充実

f:id:y-camellia29:20190119235647j:plain

学生証を見せると優待が受けられるサポートショップがこの1年で21件に増えました。

帝塚山大学とのイベント開催

f:id:y-camellia29:20190119235658j:plain

帝塚山大学管理栄養学科の学生(管理栄養士の卵)と食生活に不安があるシニア大学学生とが交流し、自分に合った食事の形を見つけてもらいました。

民間企業の商品開発

f:id:y-camellia29:20190119235717j:plain

歩行補助(アシストスーツ)開発に協力させていただきました。写真はお一人しか写っていませんが、もちろん参加者は一人ではありませんよ。笑

近畿大学とのイベント開催

f:id:y-camellia29:20190119235730j:plain

大学生の就職と、シニア世代の仕事で培ってきたものの組み合わせ活動。互いに刺激があったようで、これから働く大学生にとって大きな刺激になったようです。

文化祭開催とメディア露出

f:id:y-camellia29:20190119235741j:plain

メディアに取り上げていただき、個人的にも奈良新聞に取材を受けたりと一般の方々に知られるきっかけとなりました。

【2018年まとめ】人との出逢いで見つかる自分の役割と生きがい - YUITOBLOG

www.yuitotsubakino.jp

ビジコン奈良2019優勝者は!?

f:id:y-camellia29:20190120001012j:plain

発表前に緊張しているファイナリスト。前回は僕も同じ緊張感を味わったので、よく分かります。どのプランも魅力的でした。今回は、IoT部門、奈良創生部門のトップ賞がありました。(昨年もそうして欲しかった。。。)その2人から優勝(知事賞)が選ばれるという流れに。

優勝(知事賞)は、

  • 史上初の純奈良県産ワインの製造:木谷一登さん

準優勝(審査委員長賞)は、

  • ドローンポール〜ドローンが安全、正確に離発着するための発着装置〜:松井奈々さん

でした。26歳で銀行を辞め、2年間勉強して、独立。銀行をやめるほどワインが好きだったそう。「ワインは作った人や地域によって味が異なるので、その不確定要素や化学反応が面白い」と行っていたことが印象的でした。

おめでとうございます!

f:id:y-camellia29:20190120003210j:plain

まとめ

1年が経って、こうして過去の受賞者として登壇させていただくキッカケがありましたが、やはり前進しているなと感じました。一方で、前には進んでいるものの、進むスピードや規模についてはまだまだ課題ばかりです。来年の段階で決算や事業内容に変化がないってことだけは嫌なので、行動あるのみ!精神で頑張ります。そこには、戦略がいるわけですが、経験がない僕は戦略をうまく立てることができません。

なので、このブログを読んでアドバイスを下さる方がいらっしゃったら嬉しいです。

読者・コメント募集中!!

ブログを読んでいただいた感想をコメントください。

ブログを通じて皆さんと出会い、繋がり、新しい学びが生まれたら嬉しいです。

よろしくお願いします!

前回の記事はこちらから

日本の偏差値では測定不可。PISA(国際学力テスト)実際問題公開! - YUITOBLOG

www.yuitotsubakino.jp