YUITOBLOG

YUITOBLOG

奈良シニア大学 事務局(26歳)が綴る「感性の物語」

Enjoy Life

もっと人生を楽しく!そして、豊かにするために。

奈良県のシニア世代必見!生涯学習の比較「シニアカレッジ・ひとまち大学・シニア大学・フェニックス大学」

奈良県の高齢者数の今

奈良県の人口は減少傾向にある中で、65歳以上の高齢者数と高齢化率は、介護保険制度が導入された平成12年(2000年)と平成28年(2016年)とで以下の差があったらしいです。

  • 平成12年(2000年)高齢者数:239,432人   全国:22,005,000人
  • 平成28年(2016年)高齢者数:397,320人   全国:34,591,000人
  • 平成12年(2000年)高齢化率:16.6%  全国:17.3%
  • 平成28年(2016年)高齢化率:29.5%  全国:27.3%

高齢化率では40%を上回る奈良県の市町村があるなど、全国平均を上回る水準のようです。そんな中、近年注目を集めているものがシニア世代に特化した「生涯学習」です。

生涯学習とは

生涯学習」という言葉は,一般には,人々が生涯に行うあらゆる学習,すなわち,学校教育,社会教育,文化活動,スポーツ活動,レクリエーション活動,ボランティア活動,企業内教育,趣味など様々な場や機会において行う学習の意味で用いられます。また,生涯学習社会を目指そうという考え方・理念自体を表していることもあります。

 また,「生涯学習社会」とは,「人々が,生涯のいつでも,自由に学習機会を選択して学ぶことができ,その成果が適切に評価される」(平成4年生涯学習審議会答申)ような社会であるとされています。18年12月に可決・成立した改正教育基本法第3条においても,新たに「国民一人一人が,自己の人格を磨き,豊かな人生を送ることができるよう,その生涯にわたって,あらゆる機会に,あらゆる場所において学習することができ,その成果を適切に生かすことのできる社会の実現が図られなければならない。」とされており,「生涯学習の理念」として,生涯学習社会の実現に努めることが規定されています。

 こうした生涯学習社会の構築が必要な理由としては,これまで次のような点が指摘されてきました。

 第一は,社会・経済の変化に対応するため,人々は絶えず新しい知識や技術の習得を迫られていることです。これらの学習需要に的確に対応し,生涯学習の基盤を整備することは,学習者自身の技能・経歴の向上のほか,社会制度の基盤である人材育成にもつながり,社会・経済の発展に寄与することが期待されます。

 第二は,自由時間の増大などの社会の成熟化に伴い,心の豊かさや生きがいのための学習需要が増大していることです。これらの学習需要にこたえるための生涯学習の基盤を整備することは,学習者の自己実現のみならず,地域社会の活性化,高齢者の社会参加・青少年の健全育成など,社会全体にとっても有意義です。

 第三は,生涯学習の基盤を整備し,学歴だけでなく様々な「学習の成果」が適切に評価される社会を築いていくことは,これまで進められてきている教育改革の課題の一つである学歴社会の弊害の是正にもつながるということです。

 (文部科学省生涯学習の意義参照

 奈良県のシニア世代の生涯学習を比較してみた

f:id:y-camellia29:20190111000649j:plain

 奈良県立大学シニアカレッジ

www.narapu.ac.jp

奈良ひとまち大学

  • 主催:奈良市生涯学習財団
  • 場所:様々
  • 受講期間:興味のある講座に単発で参加
  • 講座数:講座による
  • 年間受講料:講座による

nhmu.jp

奈良フェニックス大学

  • 主催:実行委員会(行政・大学・県民の有志団体)
  • 設立:平成25年(2013年)
  • 場所:DMG MORI やまと郡山城ホール
  • 受講期間:1年
  • 講座数:90分×33回/年
  • 年間受講料:55,000円

napco.jpn.org

図書館学校

  • 主催:奈良県立図書情報館
  • 場所:奈良県立図書情報館
  • 科目:国語・社会1・理科・英語・社会2
  • 受講期間:1年
  • 講座数:90分×72回/年
  • 年間受講料:8,000円

www.library.pref.nara.jp

奈良シニア大学

www.narasenior.net

まほろば大学

  • 主催:橿原市教育委員会 社会教育課
  • 設立:平成20年(2008年)
  • 場所:橿原市商工経済会館
  • 受講期間:2年
  • 講座数:90分×8回/年
  • 年間受講料:8,000円

www.city.kashihara.nara.jp

検討基準

  • 内容1:90分の講座を受けるだけのものか、他にも活動があるのか
  • 内容2:どのような講師が来られているか、同じ講師が担当か
  • 価格:これも1つ大切なことです。無理のない学び直しを。
  • 場所:駅から近いか。アクセスが良いか。
  • 目的:専門的に勉強したいか、講座を沢山聞きたいか、無理がない価格か、仲間との出会いか、趣味を活かせるか

まとめ

シニア世代の方々にとって、これだけの選択肢があることはとても重要です。

特に、各活動で特徴が異なっています。

だからこそ、2つ以上の活動を掛け持ちで学ばれている方もいらっしゃいます。

無理のない範囲で学び直しができれば良いですね。

(僕は奈良シニア大学の運営をしているので、是非、お越しいただければと思います。皆さまに合った活動が見つかりますように。。。)

www.yuitotsubakino.jp

読者募集中!

読者になっていただければ、

読者になっていただいた方のブログを僕のブログで紹介させていただきます。

ブログを通じて皆さんが出会い、繋がり、新しい学びが生まれたら嬉しいです。

前回の記事はこちらから

www.yuitotsubakino.jp