YUITOBLOG

YUITOBLOG

奈良と本と映画と感性と。

Enjoy Life

夢に向かって突き進め!椿野唯仁の公式ブログ

【人生100年時代】少子高齢化に伴う「人的ネットワークの必要性」とは

TwitterInstagramFacebookの活用

2018年5月15日に、このブログを開設。目的はこう。

  1. 苦手なことでもある「継続すること
  2. 普通では繋がることのできない人と繋がること

実際に、ブログとTwitterによって、2つ目の目的が実現できることを体験した。

このサイクルをもう少し上手に回すことができれば、

普通では出会うことができない人と出会うことで、

自分にないアイディアや経験を身につけることができると思っています。

直接出会うことが出来たケース

竹本りゅーしょーさんとの出逢い

単なる旅行が、人との出逢いによって「体験」になりました。

非日常と日常の行ったり来たりでこそ、感性は研ぎ澄まされるものだと思います。

接点が持てたケース

堀江貴文さん(ホリエモン)との接点

このブログで堀江貴文さんの「10年後の仕事図鑑」や「多動力」を読んでまとめたら、TwitterでRTしてもらって、軽くバズりました。

f:id:y-camellia29:20190107234151j:plain

 

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 
多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

他にも、僕たちがやっている「奈良シニア大学」に

投資してくれないかなぁ〜とボヤいたところ、こんな返事が。

f:id:y-camellia29:20190107234214j:plain

 

インベスターZというビジネス漫画を読んだ時にあった「医療」の本を読んでツイートしたらこうなった。

f:id:y-camellia29:20190107234124j:plain

健康の結論

健康の結論

 

  

お金持ちになる方法はあるけれど、お金持ちになって君ならはどうするの?という、今でも僕が考えている視点を解説してくれていたので読んでツイートしたらこうなった。

f:id:y-camellia29:20190107234334j:plain 

 

こうして振り返ったら、4回くらいは「接点」として持つことができた。

これがSNSの凄さであり、拡散していくキッカケになることが分かった。

(そりゃ、炎上とかしちゃうわけだ。笑)

でも、将来は、直接、堀江貴文さんに会いたいし、ビジネスできるような人間になっておきたいなぁ。

仕事を通じて普段会えない人に出会える

これは、非常にありがたいお話で、代表がいつも言っているんだけど、

お金では到底買えないもの」として人と人の繋がりがある。

無形の財産ですね。これは本当に有難いし、恩返し(恩送り)しないといけない。

だから、僕は自分がしてもらった「ありがたいこと」を、

他の誰かに繋げていく必要があると思っています。

因みに、これまでに奈良シニア大学にお越しいただいた講師は、とてつもないです。。。

www.narasenior.site

 

あ、、、今更だけど、僕たちがしている奈良シニア大学は、こういう活動です。

www.yuitotsubakino.jp

100年時代に必要なもの

「LIFE SHIFT」という本では、このように書かれています。

人が100年も健康に生きる社会が到来するとき、従来の3つのステージ(教育を受ける・仕事をする・引退して余生を過ごす)のモデルは大きく変質する。

100年時代に必要性が増すもの

  1. 教育(専門技能を高めるもの。世界中の競合との差別化が必要。)
  2. 多様な生き方(70歳超まで働くことを想定し、独立した立場での職業を考える)
  3. 無形資産(お金ではない、経験や人的ネットワーク)

f:id:y-camellia29:20190108001652j:plain

まとめ

代表に、「経営者でもっとも大切なものは人脈」と言われています。

その意味も少しずつ理解できてきたような感じです。(まだまだだけど)

実際に、経営者(代表)と役員(取締役)との間には、

雲泥の差があると思っています。それは、「覚悟」です。

社員の覚悟と、社長の覚悟は違う。

でも、どっちも「会社」には必要で、噛み合うことが必要だと思っています。

けど、いずれ自分もその立場になるんだから、今から練習しておかないと!

(社長って気楽だよね〜とか言う人は、何も分かっちゃいない。分からないか。笑)

頑張りますよ〜!! 

読者募集中!

読者になっていただければ、

読者になっていただいた方のブログを僕のブログで紹介させていただきます。

ブログを通じて皆さんが出会い、繋がり、新しい学びが生まれたら嬉しいです。

前回の記事はこちらから

www.yuitotsubakino.jp