YUITOBLOG

YUITOBLOG

心揺れる人・本・映画・景色の出逢いを綴ります!

Enjoy Life

もっと人生を楽しく!そして、豊かにするために。

30分早起きするだけの「魔法の感性学」

どうも、YUITOです!

 

最近、自分の中で意図的に変化させたことを書きます。

それは、「30分だけ早く起きる」ということです。

 

僕の住んでいる奈良県は、どうやら早起きが習慣のよう。

というのも、皆さんがご存知の、

早起きは三文の徳」という言葉が奈良県発祥だとか!

 

早起きは三文の徳、奈良の話?

奈良の鹿にまつわる話です。

昔、鹿は神様の使いとして、とても大事に扱われていました。

粗末に扱ったり、殺した者には罰を設けました。

そんな、ある朝、家の玄関先で鹿が倒れていました。

その家の主人が鹿を殺したのではないかと疑われ、

罰金として三文を徴収されたそうです。

 

これを機に、早く起きて鹿が倒れていないか確かめる習慣が広がり、

早く起きないと、三文損する!という起源となりました。

※ 逸話の1つとして聞いておいてください(笑)

 

奈良は早起きだけでなく、早寝も習慣?

先程、奈良には早起きの習慣があると言いましたが、

そもそも奈良のお店は閉まるのが早い!(笑)

 

鹿で有名の奈良公園周辺の商店街では、

ほとんどのお店が夜8時くらいには閉まっています(笑)

最近では居酒屋が少しづつ増えてきたものの、

街としては、大阪・京都とは比べものになりません…

若者にとっては、少し悲しいですね…

 

でも、静けさを味わうことができるという意味では、

良いのかもしれません。また、早く寝て朝に備え、

朝の二月堂に訪れると言葉にできない感動に出会えます。

 

早起きして変わったこと

話を戻して、30分早く起きるように意識してから、

変わったことを纏めたいと思います。

 

1日のリズムが整う

これはとても大切なことで、

1日の始まりをどう切るかということで、

その日の過ごし方が変わってきます。

 

仕事で疲れている時は、1分でも多く布団に入っておきたい。

出発時間のギリギリまで寝て、そのまま出発する…

僕も忙しかった時はそのような状態でした。

 

でも、疲れている時こそ、30分だけ早く起きて、

自律神経をリセットすること。

 

早起きして、太陽の光を浴びるだけで、

自律神経が整います!

 

f:id:y-camellia29:20180611214955j:plain

↑引用させてもらいました

 

肌感覚だけでなく、心理学・生理学的にも

心に余裕を持たせることができるんですね。

 

朝ごはんをゆっくり食べることが出来る

これも意外と重要。朝ご飯にはこんな特徴があります。

f:id:y-camellia29:20180611215316j:plain

 

最近では、子供の朝ごはんの欠食が問題になっていますよね。

朝ごはんを食べないことで、脳が活性化せず、

心理的にもイライラしやすくなったりします。

 

朝ごはんの時間を少し取ることで、

1日のエネルギーを得ることが出来るので、

頭が冴えるんです! 頭が冴えないと仕事の効率が悪くなる。

そんな自分にイライラする、、、という負のスパイラルから脱出できました!

 

ゆっくりする時間ができる

僕は自分の時間というのを大切にしています。

忙しければ忙しい時こそ、「間」を持たせるんです。

そうすることで、一度、頭と心を落ち着かせます。

 

これまでは、その自分の時間をに設けていました。

その日のうちに、その日のことを整理しようと思ったからです。

確かにその日のうちに整理はできるんですが、

結局、夜更かし・遅起きで朝の目覚めが悪く、

整理したはずの出来事が活用できないんです...

 

活用できない知識や情報なんて意味がないと思っているので、

整理した気になって満足感を得ていた自分のミスを

こうして修正することが出来ました。

 

しかも、早起きして、昨日のことを振り返った方が、

良い意味で自分を俯瞰的に見ることができるんです

だから、あまり時間を割かなくても、思考を整理しやすい。

 

思考の整理方法についてはコチラから↓

 

余った時間で本を読む

ゆっくりする、朝ごはんをゆっくり食べるだけだと、

正直、15分でも十分だと思います。

色々調べていると、15分が良いと言う意見も多く見られます。

でも、僕の場合、30分の早起きである理由がココにあります。

 

読書タイムです。

 

10分だけでも、良いので本を読む時間を作ります。

実際に、この10分を活用して1週間に2冊の本を読みました。

先日投稿した記事は、この10分を活用したものです。

10分って短いように感じますが、

人間の集中力の持続時間は15分周期と言われています。

15分ではなく、10分をもっと集中して読むイメージです。

 

読んでいるだけの読書から、

短時間で情報を獲得するための読書に変わります。

必要な情報だけを効率よく獲得できる読書方法が身につきます。

だらだら長時間読んでしまうよりも、

僕の中ではしっくりきている感覚があります!

 

余計なことを妄想してみる

最後に余った時間は「妄想タイム」に使います(笑)

 

「今日は、こんなことが起きたらいいな~」

というような、自分だけの妄想タイムを設けます(笑)

 

妄想って変なイメージがあるかもしれませんが、

基本的に自分の中でポジティブなイメージを植え付けさせるので、

精神状態が安定するそうです。

 

勿論、卑猥な妄想を朝からするわけではないので、

あくまでも、朝の余った時間の妄想タイムです(笑)

 

これも意外と、クリエイティビティを養うためには効果的かと(笑)

 

まとめ

30分の使い方は、15分かけて自分の自律神経を整わせながら、

ゆっくり朝ごはんを食べます。昨日の自分を振り返りながら…

 

そのあと、10分で集中して本を読みます。

自然と面白いアイディアが浮かんでくるので、それを基に

最後の5分で妄想タイムを導入するイメージです。

 

心の余裕が無いと、変化についていけないので、

感性を磨くための準備という意味では、

この30分早起き法が自分の中ではピッタリです!

 

是非、仕事で疲れている人や、

ギリギリまで寝てしまっている人は、お試しください~

 

 

今日のYUITOBLOGは、おわり

 

 昨日の記事はコチラ↓

yuitotsubakino.hatenablog.com