YUITOBLOG

YUITOBLOG

心揺れる人・本・映画・景色の出逢いを綴ります!

Enjoy Life

もっと人生を楽しく!そして、豊かにするために。

「多動力」(著:堀江貴文)を読んでみた!

どうも、YUITOです。

 

今日は、「多動力」(著:堀江貴文)について纏めます。

f:id:y-camellia29:20180610130234j:plain

 

堀江貴文さん(通称:ホリエモン)を初めて知ったのは、

確か自分が中学生だった時のこと。

ライブドア事件 - Wikipediaと呼ばれる出来事があったときです。

 

当時は、なんだか良くない気がしていたんですけど、

今思えば、人が思いつかない面白い発想だなぁ~って思いますね。

 

あと、個人的にその通りだなぁ~と思ったのは、

このスピーチですね。

今を生きろ

この言葉は3年前に、近畿大学の卒業式で語られた言葉です。

知らない人のためにコチラから↓

youtu.be

 

まだみなさん気づいてないかもしれないです。スマートフォンでゲームやってるだけかもしれないですが、みなさんが知らないうちに、世界中のすごい人たち、頭のいい人たちは、どんどん皆さんが知らないうちに、新しい技術を開発して、勝手に世の中を変えていってしまっています

 

自分で出来るだけ多くの情報に接することがまず大事です。そのためのツールは揃っている。別に先生に教わらなくても、自分で、たとえばスマートフォンのニュースアプリを使って情報に接することも出来るし、ソーシャルネットワークを使って、世界中の、自分が「面白いな」「この人の話聞いてみたいな」っていう人たちの情報にすぐに辿りつくことができます。簡単です。まず、自分で情報をーー世界中の素晴らしい頭のいい人たち、先を行ってる人たちの情報をーー、触れることができるので、まず、そのことを頭の中に入れておいてください。 そして、それだけじゃダメです。これからは、そうやって仕入れた情報を、自分の頭で考えて、そして自分で発信して、頭の中を整理して自分で考える癖をつけていかなければいけないです。それはどうやってやるのか?簡単です。インターネットでブログやら、ソーシャルネットワークやら、そこで毎日発信し続ければいい。非常に簡単なことです。それをできれば毎日やってほしい。そうすることによって、世界中の様々な情報を自分で頭の中に入れて考えて自分なりの判断ができるようになると思います。

 

人間なんて、5年先の未来だって、僕だって予測できないです。いまから10年前に、みんながこうスマートフォンを持って歩きスマホとかしながらツイッターとかラインとかやってる未来想像できましたか?みなさん、10年前に。できなかったでしょう?僕も出来ませんでした。だから未来のことなんか考えることには意味がない。そして、過去を悔やんでる暇はみなさんにはないはずだ。なぜなら、これから、グローバル化で競争激化して、そして、未来には僕は楽しいことしかないと思います。それは、どうやったら楽しくできるか。それは今を一生懸命生きることです。なぜ私が、いろんなことにチャレンジをして、そして、いろんな失敗をしながら、そしてたくさんの人に裏切られながらも、こうやって楽しく生きられてるかっていうのは、今を生きてるからです。今を集中して生きてるからです。

 

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

 

そんな感じで、特に若者を中心に、「変化を求める人」にとっては

どこか共通点を見出しやすく、沢山の学びを与えてくれています。

 

そんな堀江貴文さんが書いた「多動力」

キングコングの西野さんも推奨しています。

 

目次はこんな感じ。

 

 

 

1つの仕事をコツコツとやる時代は終わった

寿司屋の修行なんて意味がない

これは、「寿司職人が何年も修行するのはバカ」という堀江さんの有名な話。

ネットで「なるほどな~」と思った自分が懐かしい。

ただ、最近はこの言葉も大切な視点だ思います。

物事が効率的で合理的になればなるほど「心」が失われる

(岡本彰夫先生)

3つの肩書きをもてばあなたの価値は1万倍になる

1つのことに1万時間費やせる人は100人に1人らしい。

つまり、「100人に1人」×「100人に1人」=

「10,000人に1人」になることができる。

もう1つ加えると「1万人に1人」になれる。

どうでも良いことでも好きなことに夢中になれることが

「最大の価値になっていく」可能性が高い。

 

バカ真面目の洗脳を解け

ベストセラー本はコピペ本

全部自分でやらなければならないとい思い込みを辞めて

自分自身が最も力を発揮できる仕事だけをやろうってことです。

 

手作り弁当より冷凍食品のほうがうまい

ここは、個人的には解釈が難しかった。

 

でも、緩急をつかいこなすことこそ仕事の本質という点は参考になった。

母の愛情は子供にとって大切なような気はするけどな~。

 

見切り発車は成功のもと

完璧なものを作ろうと5年間準備して1回のイベントをするよりも、

5年間不完全なままトライ&エラーをくり返してクオリティを上げていく方が良い。

ということ。結局は、完璧ってものはないのだけど、

どこで自分が納得できるかというのは感性の問題かと。

 

サルのようにハマリ、鳩のように飽きよ

まずは、1つのことにサルのようにハマれ

これは、さっきの「3つの肩書きをもて」に似ている

 

飽きっぽい人ほど成長する

スティーブジョブズのこの言葉がポイントかと。

点と点をつなげていくと、いつの間にか線が出来る

とにかく、種まきをしていけということである。

 

「自分の時間」を取り戻そう

経費算出を自分でやるサラリーマンは出世しない

1日24時間は全員に平等に与えられた資源である。

その価値を、どうやって高めていくかってことかな。

 

電話をかけてくる人間とは仕事をするな

自分の時間を奪う人になるなってこと。

でも、ラインを打つ時間よりも電話の方が、

ニュアンスが伝えやすいし、時間も短縮できるとも思う僕です。(笑)

 

大事な会議でスマホをいじる勇気を持て

これは例え話であって、「他人の時間」を過ごすことよりも、

「自分の時間」を優先しなさいよってことですね。

 

おかしなヤツとは距離を取る

「自分の時間」を生きるためには、

「付き合わない人」を明確にすることである。

 

仕事を選ぶ勇気

自分の好きな仕事をするということ。

愚痴を言っている人を見たりするし、

自分もそうなるときもあるけれど、

その仕事を選んだのも自分という視点を忘れてはいけませんね(笑)

 

君の名は。」がヒットした理由

時間感覚の話。現代人は、「無駄な時間」を我慢できないと。

平安時代の時間感覚と今の時間感覚は違うんだろうな。

どっちが良いかはわからないけど、大切な視点は、

「そういう時代に生きてしまっている」ということかと。

 

自分の分身に働かせる裏技

自分の分身に仕事をさせる技術

時間がないなら作れと言う話。

作る為の手段の1つに人に協力してもらうということがある。

 

教養なき者は奴隷になる

教養は僕が最も興味のあるテーマの1つ。

歴史を紐解くことで本質を理解すること。

そのための良本として、サピエンス全史が紹介されている(笑)

f:id:y-camellia29:20180606223046j:plain

yuitotsubakino.hatenablog.com

 

知らないことは「恥」ではない

知らないことがあることは誰でもそう。

「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」

そもそもわからなかったら自分でググるってことですね。

 

なぜ、デキる人間は「質問力」が高いのか

簡潔にまとめる力が必要だと。

僕のブログはまとまっていないから反省です(笑)

 

99%の会議はいらない

感情論と準備不測の会議は意味がない。

あたりまえの話。必要な会議もあると思っています。

 

世界最速仕事術

全ての仕事はスマホでできる

「〇〇しなければならない」っとことはないということ。

固定概念を取っ払うことは大切。そういう意味で共感。

 

仕事の速さはリズムで決まる

「リズム」という視点。なるほど。

それを、僕は「感性が共鳴すること」だと思っています。

 

ヒマな人ほど返信が遅く忙しい人ほど返信が速い

気合や根性よりも、工夫しなさいってこと。

思考パターンや捉え方を変えるだけで世界はグンとひろがると思っています。

 

刑務所にいても1度もメルマガを遅らせなかった理由

どん環境であっても、与えられた条件の中で最大限の効率化を図ること。

 

1晩10軒以上をハシゴしろ

飲みが苦手な僕には無理だけど(笑)

「普通の人がしていないことをすることが高みを目指す1つの方法」

だと勝手に解釈させてもらいます。

 

仕事の質は睡眠の質で決まる

本を閉じて寝よう。これは、自分もかなり実感している。

次のテーマ決まった!(笑)

 

さよならストレス

多動力に必要なことは「健康」!!

あたりまえだけど、意外と理解していない人が多い。

 

最強メンタルの育て方

恥をかいた分だけ自由になれる

〇〇しなければならないとか、

〇〇したらこうなるんじゃないかって言う、

自分だけの世界観だけで、

自分の可能性を制限してしまうことはやめましょうって話。

 

小利口バカに勝てない

もっとバカになろう。1歩を踏み出そう!

 

人生に目的なんていらない

永遠の3歳児たれ

3歳児のように、毎日何かを発見し、

興味のなることで頭がいっぱいになる生き方をしなさいってこと。

 

資産が人を無駄にする

肩書、資格に縛られるなってこと。

 

ハワイに別荘なんてもつな

世間のイメージに合わせることに必死で

自分自身を見失うなってこと。(だと思ってます(笑))

 

人生に目的なんてない

目的はあとになってわかるもの。

とにかく、動け!ということですね。

 

まとめ

表現が過激な箇所があるけれど、

そうじゃないと読みにくい部分もあるので

仕方ないと思うので、これもホリエモンの狙いだと思っています。

 

結局、この生き方が正しいってことは何1つないと思っていますし、

自分自身がどうやっていきていくかってこと以外ないと思っています。

生きるということを諦めてしまいそうになったり、

逃げ出したくなる時も人間だからあると思うので、

そんなときに考え方を変えてくれるような、

別世界の何かに出会うことは

生きてい上でとても大切なような気がしています。

 

井の中の蛙大海を知らず

 

もっと自分たちの世界観や価値観を広げつつ、

これだ!っという好きなことに出会って、

突き詰めていき、100万人に1人くらいの人間になりたいですね。

 

 

読んでいただいてありがとうございます。

 

今日のYUITOBLOG、おわり。

 

この本もおすすめです。

yuitotsubakino.hatenablog.com